【バンブルビー】コラボカフェ 余談ありレポート&レビュー
Pocket





 

 2019/3/8〜3/31まで期間限定

「バンブルビー コラボカフェ」


 

 

 

 

 

今回はトランスフォーマーシリーズのスピンオフ作品3/22上映開始の映画「バンブルビー」でコラボという事で行って参りました。

 

 

以前「ヴェノム」コラボカフェも開催された東京の池袋パルコ内6階にあるお店「カフェ・アドレス」さんが今回もコラボしてくださってます。

ちなみに前回は2/22〜3/7の間は「翔んで埼玉」ともコラボしていましたが、残念な事に体調不良続きでそちらは行けませんでした(^^;)

※私「翔んで埼玉」好きなのに・・・「そこらへんの草料理」食べたかったので無念。

 

 

 

「ヴェノム」コラボカフェも当時にレポ&レビューしていますので気になる方はそちらもどうぞ→移動

 

 

 

 

 

 

 

さて、現地に向かう為、池袋東口の出口を目指しGO!

出口前にあるパルコから6階へ。

度々コラボカフェが開催されている7階の「THE GUEST」さんではありませんのでお間違いのないように。

※7階「THE GUEST」さんは「ジュラシックワールド コラボカフェ」などが開催されたカフェです。

 

 

 

ちなみに7階にはトランスフォーマー35周年という事で3/15から「トランスフォーマー展」が開催されており、入場料600〜700円を支払い観ることが出来るので、気になる方はそちらも要チェック!

※一般700円、学生600円、小学生以下無料、有料入場者限定で特典のロゴステッカーが貰えるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入店編


現地に到着すると看板とバンブルビーがお出迎え↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


入り口には飾り物やグッズも大量↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


入店し席へ座る。

手前の方の席付近はスクリーンがあるので軽く観ながら食事出来ます。

過去作や「バンブルビー」の予告編、謎のアニメなどが流れているのでファンにはたまらないかも↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


奥の方へ行くと、壁に囲まれているテーブル席などもあります。

ビーの足が見えますね。

(この1つ右の席にはビーの胴体〜頭がありますが、お客さんがいたので写真撮れず)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


手前の席を選択したとしても、メニュー到着前もしくは食事後でも良いのでしっかり奥まで行きましょう。

ビーの撮影用パネルがありますので記念に写真撮影するべし!

軽く壁がある為、手前の席によっては奥の撮影用パネルなどが見えないので知らない方は見落とすかも。要注意。

 

 

パネルの横にはフィギュアと色紙も飾られています↓

(左が撮影パネル、右がフィギュア&色紙)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

注文編


バンブルビーがテーマのメニュー表もなかなか可愛い。

テーブルにはトランスフォーム出来る車のおもちゃが置かれています↓

 

 

 

 

 

 

 

 

その他、店内にQRコードが複数隠されているらしく、コードを読み取ることで映画「バンブルビー」の日本語吹き替え版の同役声優さんのメッセージを聴けるようです。

メッセージは全部で7種類あるそうなので、お子様は宝探し的な感じで楽しめるのではないでしょうか。

担当の声優さんを好きな方も楽しめるでしょう。

私は特に興味無かったのでスルーしてしまいました(^^;)

 

 


コラボメニューを注文すると1人1枚ペーパーランチョンマットが1枚貰えます。

スマホで写真を撮ると3Dっぽい感じに見えるというもの。

絵面的にはどちらかといえばお子様向け。

 

サイズ的にはA3より少し小さめだが、ご覧の通り左右上部がはみ出ている。

※右上左上はスマホで写真を撮ったから立体的に見えているわけではありません。(そこ3D効果じゃないのかーい(^^;))

 

 

 

 

 

 

 

もしフレーム(額縁)に入れるのであればA3サイズでも入るかもしれないが、はみ出た部分が少し隠れるかも。

ワンサイズ上のフレームを買うと良いかもしれませんね。(正確なサイズを計っていないので自己責任で要検証お願い致します)

このパルコ内の6階(同階)には世界堂というお店があるのですが、そちらで額縁を揃えられるのでお金に余裕がある方はフレームを買っちゃうのも一つの手です。

※「ジュラシックワールドコラボカフェ」と同じ流れですね。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

お食事編


 

まず1品目

濃厚チーズソースのバンブルビー 明太カルボオムライス(サラダ付き)

1350円+税

 

卵の上にはトランスフォーマーの顔マークが描かれています。

周りの白いソースは、濃厚ではあるがしつこくない控えめなチーズクリームソース。

 

 

 

 

 


顔マーク部分が明太味になっているが、結構しょっぱ目でパンチがあるのでバランスよく混ぜながら食べると良し。

クリームソースが控えめな味なので明太との相性は抜群。

ソースにポツンとある黒い部分は、酸味があったが不明でした。

 

 

 

 


 

中を割ってみるとこんな感じ。

ほうれん草やベーコンなどが入ってます。

 

ご飯はベチャっとしておらず、ほど良い硬さ。

卵もふんわり柔らかで見事な技。

 

 

 

 


 

小さな謎の赤い実もあったが、こちらも不明でした(^^;)

言えることは1つ、癖が強い!

 

 

 

 

 


サラダには透明で酸味のあるシンプルなドレッシングがかかっておりさっぱりしていて普通に美味しい。

ただ、ほぼ軽いリーフ系のみなのでフォークではやや食べにくい・・・。

お箸もあると良かったな・・・。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこちらの料理は「たまごソムリエ友加里 監修」のメニューとの事↑

私はそのお方を存じ上げませんが、お洒落に仕上げた天才的で非常に美味しいメニューだったと思います。

映画コラボメニューにも関わらずここまで工夫された商品でありながら、お値段的にも比較的良心的な方だと思います。

先に言ってしまいますが、今回のコラボメニューで一番美味しかったのはこちらのオムライスです。

オススメ致します。

※ただ、バンブルビー要素ほとんど無いよね・・・。黄色=卵=バンブルビーカラーというだけの事。

 

 


 

 

 

 

 

 

2品目

バンブルビー エッグベネディクトプレート

1500円+税

 

ちょっと春らしさを感じるプレート。

2種類のエッグベネディクト、春キャベツのポタージュ、サラダが乗っている。

 

 

 

 

 


 

上の写真では切れてしまっているが、ビーの旗が刺さっているので食べる前にしっかり引っこ抜いて持ち帰りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 


厚めのトーストが2つ並んでいます。

その上に各2種のエッグベネディクト、更に上からオランデーズソースがかけられている。

 

白い方のパンの上にはベーコン、アボカド、更に上にエッグベネディクト、そしてソースが乗っている。

 

 

 

 

 

※白い方ですが、切った部分の写真はしっかり納めたのですが、パンが厚く上手く切れなかった結果エッグベネディクトが雪崩を起こしカオスと化したので自主規制とさせて頂きます。(写真撮る方はご注意を)

 

 

肝心の白の方のお味ですが、想像を遥かに超えるしょっぱさ。

例えると塩分強化版マヨネーズ。

味付けや塩分量間違えたのではないだろうか・・・と心配してしまう程でビックリしました。(いや、そうであってほしい。)

上手くサラダや黒の方に付けて調節して食べましょう。

 

 

 


黒いソースの方のパンの上にはサーモンが敷かれている。

こちらの方がサーモンの塩気も加わりしょっぱ目な味を想像していたが、白に方に比べると全然控えめ。

 

 

 

 


こちらは春キャベツのポタージュ。

さっぱりした冷たいスープです。

ビシソワーズみたいなものだと思っていただいて結構です。

 

 

 

 

 


さらっとしたスープではなく、そこそこ粘土は高い。

肝心の味に関しては、枝豆をスープにしたような味でとっても美味。

下の方には固形のジャガイモが隠れてましたが、この固形物が春キャベツだったのか、それともスープに春キャベツが練りこまれていたかは不明であった。

 

 

 

 

 

 


こちらはプレートに乗っているサラダ。

リーフ系の他にキャベツ、ミニトマトも入ってます。

三角の赤いのはメニュー表の写真ではイチジクかと思ったが、薄切りのカブ?大根?でした。

ドレッシングはほぼオムライス付属のサラダと同じ。

 

 

 

 

 

 

 

エッグベネディクトというものは基本半熟卵です。

半熟卵や生黄身が嫌いな方にはオススメ出来ません。(私は嫌いではないが、特に好きでもないかな。エッグベネディクトよりもトーストにサーモンという組み合わせの方が苦手)

決して不味くはないです。あとは好みの問題ですね。

春っぽい作品なのでオムライスよりかはなんとなくバンブルビー感に近付いた・・・?春=蜂=バンブルビーなイメージか。

 

 


 

 

 

 

 

 

3品目

彩りフルーツのバンブルビーイエローワッフル

1080円+税

 

2枚のワッフルとバニラアイス、生クリーム、フルーツ達が添えられた乗ったデザート。

仕上げに粉砂糖とマンゴーソースがかけられてます。

ブルーベリー、イチゴ、キウイ、柑橘系などのフルーツが乗っています。

 

 

 

 

 

 


2枚のワッフルはやや小さめ&薄めなのでパクッとイケちゃいます。

甘みのあるマンゴーソースと、ちょい溶けしたバニラアイス、生クリームに付けて食べると非常に美味しいです。

バンブルビーヘッドの詳細に関しては後ほど4品目にて。

 

 

 

 

 

3品目辺りから本格的にバンブルビー感が増してきましたね。

 

ちなみにメニュー表の写真ではバンブルビーヘッドはシュークリームではなくクッキー的な物になっています。

ただ、この時は店員さんから「現在バンブルビーの部分がシュークリームになっている」という説明を事前に受けており承知。(在庫切れだったのかは不明)

ですので、基本はシュークリームではなく本来は写真通りのクッキー的な物になる可能性が高いですのでご注意を。

お値段的はまぁ妥当といったところか。

 

 


 

 

 

 

 

4品目

バンブルビー シトラスパフェ・エネルゴンキューブ添え

1200円+税

※各日数量限定(数は不明)

 

シュークリームなどで作られたバンブルビーの頭は、落ちないよう生クリームで固定されています。

エネルゴンキューブをイメージしたオレンジ色の寒天も添えられている。

 

 

 

 

 

 

 


ヘッドの部分はこちら。(こっち見んな)

中はチョコクリーム、耳はチョコワのようなもの、目は寒天、頭頂部はチョコでコーティングされていました。

耳のチョコワもどきは湿気っているのか元々こういう食感なのかは不明だが、サクサクではない(^^;)

 

 

 

 

 

 


 

こちらは後頭部の写真。

ヘッドの下には生クリーム、バニラアイス。

背中にはポッキーが2本。

 

 

 

 

 

 

 


 

羽か腕をイメージしたのか、柑橘類が2つ刺さっており軽くオシャンティー感はある。

なかなかバンブルビーらしさを感じますね。

 

 

 

 

 

 

 


パフェは多層式になっており、レモンジュレ、ヨーグルトムース、グラノーラ系チョコ、最下層にはシトラスカクテル。

 

食べ辛かったこともあるが、レモンジュレの酸味が強く他の層の味を見分けるのは難しい。(特にヨーグルトムース)

グラノーラ系チョコは単体で食べれば甘くてサクサクだが、仕様上甘みを感じにくい。

最下層のシトラスの程よい酸味美味っ。

 

 

 

 

 

 

 

個人的にあまりパフェという物を食べないので食べ方がよく分からなのですが、こういう食べ難い物なのですかね。

ラーメン二郎式で地道にしっかり上から順に攻めていかないといけませんね。

 

 

バンブルビーヘッドのジャンク感はお子様なら喜ぶかも。

ごちゃごちゃしているので正直私は好きじゃないです。

 

 

各日数量限定との事だが、この日私が突撃したのは平日の19時過ぎだったので数的には余裕ありそう。

焦らなくても良いかも。(少なくとも平日は)

お値段的にはやや高めな気がする・・・。

 

 


 

 

 

 

 

5品目

オートボット レッドラズベリーソーダ

680円+税

 

刻んだイチゴとミントを添えたラズベリーソーダ。

赤い上層と青い下層で味が違う。

イチゴは先に「スプーン」で食べるべし。

経験上飲む時にストローが邪魔されます。

 

 

 

 

 

 


上層は甘さ控えめのベリー系炭酸、下層にはちょっと大人な味の甘〜いシロップ。

どちらか片方だけではあまり美味しくはないので、ストローでブクブクするかしっかり混ぜて飲むとよろし。

しかし氷が邪魔でなかなか混ざり辛い。

 

 

 

 

 

 

個人的には可もなく不可もなく。

濃厚な甘みと少しの酸味が合わさりイチゴソーダみたいな感覚で、炭酸を飲みたい方は良いのではないでしょうか。

混ぜ具合が鍵。

あとは好みの問題です。

 

 


 

 

 

 

 

 

6品目

ディセプティコン パープルレモネード

680円+税

 

紫に染まったドリンク・・・惹かれますね。

ミントが上に添えてあり、輪切りレモンも入っている。

下の方にはナタデココがゴロゴロおります。

 

 

 

 

 

 

 


ナタデココという輩がストローの先をひたすら邪魔してきます。

必ずスプーンで先に処理しましょう。

飲み辛くて仕方ない。

 

 

 

 

 

 

 

肝心なお味の方ですが、はちみつの甘みをしっかり感じるレモネードと言ったところ。

丁度良い甘みなので、「味的」には非常に飲みやすい。

コラボドリンクの中ではこちらを選択するのが無難かも。

美味しかったです。

 

 


 

 

 

 

 

 

ラスト7品目

バンブルビー マンゴースムージー

780円+税

 

柑橘系フルーツ、生クリーム、グラノーラ、ミントが乗ったドリンクにポッキー2本がぶっ刺さる。

個人的にポッキーを先に食べない方が吉だと思います。

ドリンクの甘みを感じなくなりますよ。

 

 

 

 

 

 


サイズに関しては、紹介した他の2種のドリンクと同じサイズです。

パイナップルジュースとマンゴーのジュースらしく、色合い的にはバンブルビー感出てるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 


肝心のお味の方ですが、マンゴー感は弱い気がする。

そして細かく砕かれた氷が多い為、付属のストローが一瞬で詰まるので全く飲めない。

飲む為にはスプーンを要した。

 

 

 

 

 

 

小さな細かい悪魔達が喉を潤す事を阻害する。

これは私の知っている「スムージー」ではない。

これにはあのガンジーでも助走つけてシャイニング喧嘩キックしたくなるはず。

 

スムージーというよりはフロート寄りに近いかなと思います。

ストローは太い物にしてもらうか、無ければ頑張ってスプーンで飲みましょう・・。

最悪細かい氷が溶けてから飲むしかない。

こちらのドリンクは改善の余地があると思いますよ。

個人的にはオススメしたくないドリンクナンバーワンでした。

 

 


 

 

 

 

 

 

以上となります。

実はこの7品でコンプリートではなく、もう1品「ハニービーラテ(HOT)」という飲み物がありましたが、コーヒー要素が入っていたら困るのでスルーしてしまいました。

※私コーヒーはお腹壊すもので(^^;)

 

 

 

 

さて、このお店は他のコラボカフェとは違いまったり出来きて居心地の良い素敵なお店ですが、今回特典的なメリットはほぼ皆無です。

スマホで写真を撮ると3Dチックに観えるペーパーランチョンマット1枚が貰えるだけです。

※ちなみに「ヴェノム コラボカフェ」の時の特典は数量限定ピンバッジでした。

 

 

特典的満足度は低いので「バンブルビーコラボカフェ」目的だけで行くのではなく、同じパルコ内7階の「トランスフォーマー展」や地下2階「MARVEL POP UP STORE」などを合わせて行くか、何かのついでに行ってみるのが良いかと思います。

※まぁ私「トランスフォーマー展」入ってないのですが(^^;)

 

 

 

 

 

 

今回のまとめ

・店内の奥の写真撮影パネルで記念撮影忘れずに。(ついでに色紙とフィギュアも)

・コラボメニュー注文でペーパーランチョンマット1枚貰える。

・数量限定メニューは焦らなくても食べられる。(平日安定か)

・ゆっくり出来る。

・特典的なメリットは皆無な為、何かのついでの入店が吉。

 

 

 

 

 

と長くなりましたが、こんな感じでしょうか。

単騎で突入し計7品約7200円分食べてきましたが、他のコラボカフェ達と違い「ゆっくり出来るカフェ」なので落ち着いて食べる事が出来ました。

滞在時間は2時間でしたが、特に混んでいたわけでもなく全体の席の埋まり具合は4〜7割程度。

 

個人的には大好きなお店です。

これから行く予定の方はゆっくりと楽しんできてくださいね。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 




Pocket

2 thoughts on “【バンブルビー】コラボカフェ 余談ありレポート&レビュー”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です