映画【来る】ネタバレ無し&余談ありレビュー
Pocket




 

 2018/12/7上映開始

「来る」


予告編はこちら↓


予告編はこちら↓(ザキヤマ版)


 

 

 

 

 

 

原作「ぼぎわんが、来る」の実写映画。

ホラー映画(?)なのにザキヤマが雰囲気ぶち壊してくるスタイルのCMを観て心配になってしまったが、宣伝もなかなか力の入り用だったので個人的に上映される大分前から気になっていた映画です。

ちなみに2回映画館に観に行きました。

※邦画を映画館で2回以上観たのはおそらく本作が初めてかも。

 

 

 

 

 

 

 

日本の俳優さんをあまり知らない為、いつもの通り余談少な目となります。

 

出演者

妻夫木聡、松たか子、柴田理恵、太賀、黒木華、小松菜奈、などetc…

 

監督

中島哲也

 

 

 

 


★見所、ポイント、評価★

 

 

点数で表すと10点中9.4

 

 

 

 

 

◉【本作の特徴・魅力】

まず、登場人物達が魅力的な点がGOOD!

主要メンバー全員が主人公と言っても過言ではないぐらい登場キャラクター達が魅力的で、バトンタッチのようにキャラ視点をチェンジしながら進行するストーリーには終始夢中にさせられました。

予告編からは想像できない「序盤からのやや長いハッピータイム」には夢中どころかちょっとうんざりするが、そこからジワジワ落ちてゆく様も見所の1つでもある。

 

 

 

本作は基本ホラー映画ではあるものの、純粋なホラー要素というよりは宣伝文句通りエンターテイメントに思える演出が多数あり、ハッピータイム、ドロドロタイム、ホラータイム、エクソシストタイム、お花畑タイムと様々な要素を含んだちょっと変わった映画である。

ややサイコ気味で人間達の負の感情を強調した描写は韓国映画に近く、人間的に怖いホラー映画とも言える。

 

 

 

 

個人的に大ハマりしたキャラは、松たか子さん演じる「比嘉琴子」と柴田理恵さん演じる「逢坂セツ子」でしたが、このキャラクター達の存在だけで良作と言えるぐらいの強烈な魅力とインパクトを放っており、もう一度観たくてたまらなくなるような中毒性だ。

特に最強比嘉姉さんのキャラクターのギャップが好きです。

※どうしても比嘉姉さんをもう一度観たくなり2回目を観に行ってしまいました。他にも魅力的なキャラクターが沢山いて困ります(^^;)

 

 

こんな大規模なエクソシスト映画観たことありません。

圧巻の一言。

観終わった後は、松さん演じる面白格好良い比嘉無双と柴田さん演じる肝が座った謎霊媒師がもっと観たい!

欲を言えば続編、前日譚、スピンオフ、何でも良いから作って欲しい!

オムライス食べたい!

とりあえずもう一度観に行きたい!

コラボカフェ出店希望!

オムライス食べたい!(は?)

そんな魅力的な映画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

◉【不満点、気になる点】

単純に「あれ」や「キャラクター」の説明不足な点が多々あり、2回観た今でもやはり疑問に思うことがいくつかある。

 

ドロドロしている為好き嫌いが分かれるかも。リアルにありそうな家庭は観ていて胸が痛い・・・。

 

エンタメ要素なのはわかるが、上の【特徴、魅力】に書いた通り「序盤のハッピータイム」が長くてちょっとウンザリする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


★こんな方にオススメ★

 

 

 

 

ホラー好きな方

ちょっと変わったエンタメホラーが観たい方は是非。

トイレに行けなくなるような怖さでは無い・・・と思います。

虫嫌いな方は注意!

 

 

 

 

出演俳優が好きな方

全員の演技がハイレベル、リアルすぎて引き込まれる程力が入ってている映画です。

私の推しメンは松たか子さん、柴田理恵さんでした。

この作品で2人が気になったので他の出演作品も漁ってみようと思います。

他の方々も最高の演技を観せてくださるので気になる方は劇場へ!

 

 

 

 

 

 

個人的には大好きな作品でした。

映画鑑賞後にオムライスを食べに行く程(笑)

 

私の求める物がこの映画にはあり、それだけで不満点などが軽く吹き飛ぶほどの満足感を得られた。

ちなみに私が映画に求めるものとは「余裕溢れる程の圧倒的な力」なので、まさに比嘉姉さんのようなキャラクターの存在です。

是非続編も作って頂きたいところ。

 

 

余談なんてほぼありませんでしたが、こんなレビューとなりました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

最後に、この映画を分かりやすく2秒で説明しろと言われたら以下の通り。

★【オムライスに全部持っていかれる映画】★

 

 

 

 

 

 





Pocket

2 thoughts on “映画【来る】ネタバレ無し&余談ありレビュー”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です