映画【ギフテッド】ネタバレ無し&余談ありレビュー
Pocket





 

 2017/11/23上映開始

「ギフテッド」


予告編はこちら↓


 

 

 

 

 

超天才児のお話。

「ギフテッド」とは、先天性で知的能力が一般的な基準よりも遥かに高い人の事を指す。

本作ではメアリーという子供がそれにあたります。

 

 

「ギフテッド」に似たような特徴の「サヴァン症候群」というものがあります。

しかしサヴァン症候群というものは基本的に知的or発達障害の方が稀に持っている場合のものなので「ギフテッド」とは違うものと考えた方が良いです。

※サヴァン症候群関しては、映画「レインマン」などがわかりやすいです。

※ギフテッドには障害がない。

 

 

 

 

 

 

 


クリス・エヴァンス(フランク・アドラー役)

メアリーと、片目が無い猫と一緒に暮らしている。

ダイアンという姉がいたが、彼女は自殺してしまっている。

 

 


 

MCUシリーズのキャプテン・アメリカでお馴染みのクリス・エヴァンス

(略してクリエヴァクリエバとも)

現在36歳(今年37歳)で、アベンジャーズシリーズでお馴染みのマイティ・ソー役のクリス・ヘムズワース(今年35歳)やトム・ヒドルストン(今年37歳でクリエヴァと同い年)と年齢が近い。

 

 

本作ではキャプテン・アメリカのようなしっかりしたヒーロー役とは真逆のキャラで、ちょっとだらしないがメアリーの事を真剣に考えている大人を演じており、こういう役も出来るんだな〜と彼の演技力、適応力にはビックリしました。

 

 

クリスは他にも「ファンタスティック・フォー 超能力ユニット」やその続編の「ファンタスティック・フォー 銀河の危機」に出演しており、これもまたチャラい系の役で面白い。

※3作目のリブート作「ファンタスティック・フォー」はキャストが変わり別の役者が演じている。

 

 

長年参加してきたアベンジャーズシリーズの4/27公開最新作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」にもキャプテンとして参戦するので見逃せない!

 

 

 

 

 

 

 


マッケナ・グレイス(メアリー・アドラー役)

生まれつき知的能力がズバ抜けて高い子供。計算が得意。

しかし、他は普通の子と変わらず無邪気な子供である。

 

 


 

本作天才的な演技でメアリーを演じたのは、子役のマッケナちゃん。

特典映像でも他の役者達から絶賛されています。

 

管理人役を演じたオクタヴィア・スペンサーとは仲が良く、劇中オクタヴィアと一緒のシーンの時は特に演技する必要なかったとマッケナちゃん自ら語ってくれます。(こちらも特典映像)

 

 

この先色々なメジャーな映画に出て活躍していただきたいですね。

 

 

 

 

 

◉その他出演者

 

オクラヴィア・スペンサー(ロバータ役)

だいたいどの映画でも良い人を演じている名助演女優。

本作演じるキャラクターもまた良い人で、彼女が出演している映画は安心感がありますね。

最近上映された新作映画で、賞をいくつも獲得した「シェイプ・オブ・ウォーター」にも出演しているので、まだ観ていない方は観るべし。

彼女の詳しい紹介はまた次の機会に・・・。

 

 

 

監督はマーク・ウェブ

他にも「アメイジング・スパイダーマン」シリーズや、「(500)日のサマー」も監督。

最新作では「さよなら、僕のマンハッタン」を監督している。

 

 

 

 

 

 

 


 

★内容★

 

 

学校へ行きたがらないメアリーに、行くように言い聞かせるフランク。

なんとかバスに乗り学校へ向かう事になる。

 

 

 

 

学校の授業では足し算を教えており、レベルの低さにメアリーはうんざりした態度を取る。

担任がメアリーをからかい、難題な掛け算を出す。

 

しかしメアリーは軽々と答え、担任や他の生徒をビックリさせた。

 

 

 

その後もレベルの低さに耐えられず、校長に対して怒鳴るなどの問題を起こしたりもするが、少しずつクラスに打ち解けていくのだった。

 

 

ある時メアリーは、バスで上級生からいじめられているクラスメイト助ける為に手を出してしまう。

その結果フランクは学校から呼び出しをくらい、校長からはギフテッド用の学校を勧められる。

 

 

 

そんな中、フランクの母親が家の前に現れる・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


★見所、ポイント、評価★

 

 

 点数で表すと10点中8.9

 

 

 

 

 

 

◉本作の魅力

 

子供にとって何が本当の幸せなのかを真剣に考えさせられる映画でした。

 

 

大人が思う幸せが必ずしも子供の幸せとは限らない。

時には厳しい選択や難しい選択を迫られ、その選択が本当に正しいのか不安にもなったりもする。

 

人間味溢れる映画で胸を打たれた。

個人的にラストは良いと思いました。

 

 

 

役者全員演技が素晴らしく、メアリーと片目猫のフレッドが超可愛い!

メアリーの態度や大人びた言動に度々クスッとしてしまいました。

 

 

 

子役のマッケナちゃんの演技は天才的で今後が楽しみな人材ですね。

 

 

 

 

 

 

 


★こんな方にオススメ★

 

 

 

◉「キャプテン・アメリカ」シリーズや「アベンジャーズ」シリーズでクリス・エヴァンスを知っている方にオススメ。

キャプテン・アメリカとは正反対の役を演じるクリエヴァを是非観ていただきたいです。

オクラヴィアが好きな方にもオススメ!

 

 

 

◉子供を持つ親御さんにもオススメしたいです。

 

 

 

 

 

私はこういう落ち着いた映画は好みではないのですが、かなり面白かったと思います。

オススメしたいです!

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

最後に、この映画を分かりやすく2秒で説明しろと言われたら以下の通り。

【子役の演技力がまさにギフテッドだった】映画★

 

 

 

 

 

 


gifted/ギフテッド(ブルーレイ&DVD/2枚組)【Blu-ray】 [ クリス・エヴァンス ]



Pocket

3 thoughts on “映画【ギフテッド】ネタバレ無し&余談ありレビュー”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です