映画【ミスター・ガラス】ネタバレ無し&余談ありレビュー
Pocket




 

 2018/1/18上映開始

「ミスター・ガラス」


予告編はこちら↓


 

 

 

 

 

 

「アンブレイカブル」「スプリット」の続編(クロスオーバー作品)の「ミスター・ガラス」。

※原題「Glass」

 

 

当レビューは両過去作品鑑賞済み前提でレビューさせて頂きますのでご注意を。

本作を120%楽しむ為に必ず「アンブレイカブル」&「スプリット」の2作品を先に観ましょう。

 

ちなみに「アンブレイカブル」は日本で2001年公開だが、米国では2000年公開なのであれから約19年経過した事になる。

 

 

 

 

 

注意

本作「ミスター・ガラス」のパンフレットは製造されておらず販売もされないとの事です。

※今後販売されたら嬉しいですね・・・。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

ブルース・ウィリス(デヴィッド役)

 


 

(役柄)

「アンブレイカブル」でイライジャにより自らの特殊能力に気付いた男。

怪力、不死身、そして人に触れることでその人間の悪事などが読める。

「スプリット」の最後にも登場している。

 

(役者)

「アンブレイカブル」「スプリット」と両作品に出演したブルース・ウィリス

個人的にはここ数年間のブルース出演作品の中で最も格好良い役を演じているのではないかと思います。

 

最近の新作では「デス・ウィッシュ」にも出演しています。(レビュー済み)

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

サミュエル・L・ジャクソン(イライジャ役)

 


 

(役柄)

「アンブレイカブル」では自らの行いにより精神病院に送られる。

先天性の病気により生まれつき身体が脆く、子供の頃に「ミスター・ガラス」というあだ名を付けられた。

 

(役者)

「アベンジャーズ」シリーズやその他作品に多数出演。

私が今年最も期待しているMARVEL映画「キャプテン・マーベル」(3/15日公開)や「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」(2019年中に公開)にも出演するのでMCUファンは必見!

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

ジェームズ・マカヴォイ(ケヴィン、その他人格役)

 


 

(役柄)

「スプリット」で多重人格者として登場。

24もの人格があり、その中の頂点に立つのが「ビースト」。

度々「群れ」と呼ばれる。

メイン人格はケヴィン

 

(役者)

「スプリット」に引き続きやってくれましたジェームズ・マカヴォイ

見事に多重人格という高難易度のキャラクターを“完璧”に“瞬時”に使い分けた圧巻の演技にはスタンディングオベーション。

本作では更にレベルが上がった怪演で魅せてくれます。

 

彼の演技は何処の領域まで行ってしまうのか、これからも楽しみですね。

2019年6月に公開される「X-MEN」シリーズ最新作「X-MEN:ダーク・フェニックス」にも期待しましょう。

 

 

 

 

 

余談ですが、私が本作「ミスター・ガラス」の公開日に観に行った時の怪談話を・・・。

劇中マカヴォイが出る度に「ふしゅしゅしゅしゅ」とポップコーンを食べながら笑う方が半径5〜6席以内におりました。

一度や二度じゃないんです・・・毎回、それも約2時間ずっとなんです。

シリアスな映画だし特に笑えるようなシーンではないのにひたすら「ふしゅふしゅ」笑うので気が散って仕方がありませんでした。

ポップコーンというフィルターを通して笑っているのか、素の笑い方なのかは不明でした。

上映終了後怖かったのですぐに映画館を後にしましたが、今思うとあれはマカヴォイを愛しすぎた女性の霊だったのかもしれない。

 

まぁ、あれだけの演技を観せられたらそりゃ「ふしゅふしゅ」言いたくなりますよね。

それだけマカヴォイが魅力的な映画だったという事で・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

アニャ・テイラー=ジョイ(ケイシー役)

 


 

(役柄)

「スプリット」では闇を抱える少女として登場。

「群れ」に誘拐された被害者のうちの1人で、唯一の生存者である。

 

(役者)

本作ではやや出番が少な目のアニャ

いつもよりも大人びた感じに見えました。

 

新作映画「ニュー・ミュータンツ」にも出演するが、何故か公開が延期に。

2019年中に観れると良いですね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

◉その他出演者

スペンサー・トリート・クラーク(ジョセフ(デヴィッドの息子)役)

シャーレーン・ウッダード(イライジャの母役)

サラ・ポールソン(ステイプル役)

 

 

◉監督

M・ナイト・シャマラン

 

 

 

 

 

 


★内容、見所、ポイント、評価★

 

 

点数で表すと10点中9.2

 

 

 

 

 

 

◉【本作の特徴・魅力】

「アンブレイカブル」ベースのお話に「スプリット」を上手く調合したような映画。

メッセージ性が非常に強い作品で、特に上記の過去2作品が好きな方にはたまらない仕様となっている。

ネタバレ無しの当ブログでは語れない部分が多い為、今回は代わりに主観の胸熱ポイント、注目ポイントを羅列しようかと思います。

 

 

 

 

 

キャストが過去2作と同じ配役

「アンブレイカブル」のブルース・ウィリス演じるデヴィッドの息子が大きくなり、本作「ミスター・ガラス」でもそのまま息子役として登場する点は胸熱。

あれから約19年が経過したが、昔と顔つきがほとんど変わらないスペンサー・トリート・クラーク君(オスメント君じゃないよ)と彼の役柄にも注目していただきたい。

ちなみにイライジャの母親役も過去作からの続投である。

 

 

 

 

能力者達の壮絶な戦い

詳細は書けませんが、大興奮間違いなし。

 

 

 

 

更に磨きがかかったジェームズ・マカヴォイの演技力

「スプリット」を軽く上回っていると言っても過言ではないぐらいスピーディーに入れ替わる人格。

喋り方(声も)、表情、仕草などが瞬時に入れ替わり、観てるこちらも訳が分からなくなるぐらい圧巻の演技。(慣れてくると雰囲気でどのキャラクターか分かる)

まさに神業。

これで何の賞も取れなかったら陰謀説を疑うレベル。

彼の演技は見所の1つであり、シャマランがこだわった点でもあります。

 

 

 

 

過去作ネタ満載

「アンブレイカブル」「スプリット」のどちらのネタも詰まっている。(特に「アンブレイカブル」ネタは激アツ)

どちらも観ていないと本作のネタがわからないので必ず過去2作を先に観てから「ミスター・ガラス」へと繋げて欲しい。

 

 

 

 

いつものシャマラン映画

彼独特の読めない結末、自ら出演、トリッキーな演出、など安定のシャマランでした。

今回パンフレットが販売されないのでシャマラン自身の作品に対する想いや、配役について、伏線に関して、その他細かい設定などを詳しく知る術が少ないのは残念。

円盤に収録されるであろう特典映像に期待しましょう・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


★こんな方にオススメ★

 

 

 

 

シャマラン作品が好きな方。

特に「アンブレイカブル」「スプリット」が好きな方。

上記2作品の登場人物が好きな方。

 

 

 

 

これはシャマランの力作です。

 

私は昔「アンブレイカブル」を観た時、何だこの××映画・・・と思ったが、「スプリット」が公開された直後、過去作の「アンブレイカブル」とクロスオーバーされるとの情報を得た後に改めて続編ありきで観てみるとガラッと評価が変わった。

※これもシャマランマジックか・・・。(残念ながらやはり眠くなったが(^^;))

 

衝撃のラストでありながらもやや呆気なく唐突に終わった「アンブレイカブル」だったが、それから約19年後にその後が公開されるというだけでなく、何故か「ミスター・ガラス」というサミュエルが演じるキャラクターのあだ名を持ってきた点は色々な意味で期待が膨らんだ。

 

 

 

そして「ミスター・ガラス」鑑賞後は、その期待を遥かに超える素晴らしい作品に満足した。

個人的に好きではない展開もあったが、強いメッセージ性を感じた衝撃作。

この作品は終わりでもあり、始まりなのかもしれない。

※ただ、「ふしゅしゅしゅお化け」により3割ぐらい頭に入らず100%で理解する事が出来なくて残念(怒)。

 

 

 

 

「アンブレイカブル」「スプリット」の両作品を観ずに本作を観た場合は評価が下がるのでご注意を。

 

長くなってしまいましたがこの辺で。

今後のシャマランも見逃せませんね。

ありがとうございました。

 

 

 

 

最後に、この映画を分かりやすく2秒で説明しろと言われたら以下の通り。

★【映画の結末&パンフ未販売というダブルで衝撃を受ける映画】★

 

 

 

 

 

 


アンブレイカブル 【Blu-ray】

アンブレイカブル [ ブルース・ウィリス ]

スプリット【Blu-ray】 [ ジェームズ・マカヴォイ ]

スプリット [ ジェームズ・マカヴォイ ]




Pocket

2 thoughts on “映画【ミスター・ガラス】ネタバレ無し&余談ありレビュー”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です