映画【ハロウィン】ネタバレ無し&余談ありレビュー
Pocket




 

 2019/4/12公開

「ハロウィン」


予告編はこちら↓


 

 

 

 

 

本作は78年版「ハロウィン」(1作目)の続編という設定。

「ハロウィン」シリーズはリメイク入れると10作品ありますが、78年版の円盤はレアになっておりなかなか手に入らないので注意。

※購入よりもレンタルオススメ。

 

 

 

私は78年版に関しては過去に観たのかすら覚えていないが、ロブ・ゾンビのリメイク版07年「ハロウィン」は予習済み。

リメイク版なのでキャストは違うが、“だいたいのお話”はそちらで把握出来ますので78年版がどうしても観れないという方はそちらを観てはいかがでしょうか。

※初見の方でも「40年前に色々あって襲ってきたブギーマンが未だに諦めていない」という事だけ分かっていれば楽しめるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

ジェイミー・リー・カーティス(ローリー役)

 


 

(役柄)

40年前の被害者女性。

現在は孫もいるが、事情により娘との仲は良ろしくない。

 

(役者)

「ハロウィン」過去シリーズ数作に出演しているジェイミーさん。

本作は凶悪な殺人鬼ブギーマンに立ち向かう強い女性を演じており超格好良い。

 

 

さて、数々の映画に出演しているジェイミーさんですが、その中で私が一番好きな作品は「フォーチュン・クッキー」という映画↓

フォーチュン・クッキー 特別版 [ ジェイミー・リー・カーティス ]

母親役なのですが、とある事情で娘(役:リンジー・ローハン)と中身が入れ替わってしまうというコメディ映画です。

中身が娘という設定なので若者用語バリバリでイケイケな演技を観ることが出来ます。

面白いのでそちらもオススメ致します。

 

 

 

 

 

 

 


★内容、見所、ポイント、評価★

 

 

点数【9.4/10点】

 

 

 

 

 

◉【あらすじ】

凶悪な殺人鬼マイケル・マイヤーズ(ブギーマン)。

数十年監禁状態にあったが、更に過酷な場所へと移送される事になる。

しかし移送中に事故が発生しマイケルが脱走してしまう。

そしてハロウィンの夜に再び悪夢が解き放たれたのだった・・・。

 

 

 

 

 

◉【本作の特徴・魅力】

いつか再び現れるであろう殺人鬼ブギーマンの襲来に備え、自分の娘をも巻き込み40年間警戒しながら過ごしてきたローリー。

まるで運命に導かれたかのようにその時がやって来る。

 

 

お馴染みのBGMと共に容赦なく襲いかかるブギーマンに家族愛で立ち向かう設定が秀逸で、ホラー映画の域を超えた傑作

ブギーマンの恐怖、ローリーの執念、そして訳ありな家族関係をも同時に描きつつラストにはニヤッとさせられる超COOLな演出が待っている。

イカれてしまったかのように思えるローリーですが、しっかり家族愛が証明される内容であり感動&スッキリする映画で、鑑賞後は非常に清々しい気分でした。

これはただのホラー映画ではない。

きっとデッドプールならこう言うだろう・・・「ファミリー映画だ」と。(は?)

 

 

 

 

相変わらずの殺人鬼マイケル・マイヤーズ(ブギーマン)が魅力的。

「バイオハザード」のタイラントのように淡々と人を襲ったり、手当たり次第狙うと思いきや“うろつく子供”を何故かスルーしたり、動機も感情も行動パターンも読めなかったり、急に現れたり、死んだと思ったら生きていたり、致命傷じゃないはずなのに何故か動かなくなったり、喋れるにも関わらず何十年も一言も喋らず、問い掛けに無反応又は無視、となかなかの曲者。

そして登場時のあのBGM。

邪悪な殺人鬼ではあるものの、ミステリアスな部分が興味深く何故か憎めないキャラクターなんですよね。

 

 

 

 

本作で最も熱いのは、初期作である78年版「ハロウィン」の主要キャストが40年後に同じ役で出演し、その設定をしっかりと生かしている点ではないだろうか。

過去作の被害者ローリーの40年後を再びジェイミー・リー・カーティスが演じ、殺人鬼のマイケル・マイヤーズ(ブギーマン)役もそのままニック・キャッスルが演じているなんて最高ですよね。

しかも監視下に置かれ絶対に出て来れないはずのブギーマンが再び現れた時のために、40年間もの長い間執念を燃やし続け常に警戒を怠らず戦う準備をしているという、ちょっと可哀想でもあるが熱い設定なんです。

もうこの時点で面白いですよね。

 

なかなか良質で熱いホラー映画だったと思います。

今後もシリーズが続くことを切に願っております。

個人的には今年のベスト10に入りそうな勢いのある作品ですので、超絶オススメ致します。

 

 

 

 

とりあえず、まずは「ハロウィン」の過去シリーズの円盤再販をお願いしたいところです・・・。

運良く見付けたとしても78年版どころかほぼ全話値段高騰しすぎてなかなか手が出せなくなってます。

円盤再販を待ちつつ今回のレビューはこの辺で。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 




Pocket

2 thoughts on “映画【ハロウィン】ネタバレ無し&余談ありレビュー”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です