映画【インシディアス THE LAST KEY】ネタバレ無し&余談ありレビュー
Pocket





 

 2018/10/3発売

「インシディアス THE LAST KEY」


予告編はこちら↓


 

 

 

 

 

 

密かに人気のホラー映画「インシディアス」最新作で本作が4作目となる。

邦題は「インシディアス 最後の鍵」

海外版に日本語字幕、日本語吹き替えが入っており発売前に視聴できます

※特典映像もしっかり入ってます。

 

 

 

 

海外では上映されたが、日本での上映情報は未だ無い為おそらくDVDスルーになったと思われます

※DVDスルー=上映はされず発売のみ。

 

 

 

 

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)で9月から行われるイベントのハロウィーン・ホラーナイトで「インシディアス 最後の鍵」の世界を完全再現したホラーメイズが実装されるそうです。

円盤の発売日は10/3なので発売よりも早い実装にはちょっと心配ですが、すでに輸入して観た方は絶対に行きたいところですね。

実際体験して余談ありレポート&レビューしたいとことですが、残念ながら私は関東人なので厳しい^^;

 

 

 

 

 

※当レビューはシリーズ全作品を観た前提のレビューとなりますのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 


 

リン・シェイ(エリーズ役)

 

 

 

 

(役柄)

霊媒師エリーズ

2人の助手とチームを組み、事件を解決する為過去の出来事と戦う。

 


 

(役者)

「インシディアス」シリーズ4作品全てに出演してきたリン・シェイ

本作では彼女が演じるエリーズがメインに描かれている為ファンには嬉しい作品になってます。

 

 

私が彼女を認知したのは「less レス」というホラー映画です。

そちらでも独特の存在感を出しており当時から気になってしまいました。

「インシディアス」シリーズでファンになりました。

 

「インシディアス5」も製作されたらまた彼女にまた出演していただきたいですね!

 

 

 

 

 

 


 

★内容・あらすじ★

 

 

 

過去

1953年ニューメキシコ州ファイブ・キーズ

 

 

両親と弟の4人で暮らしていたエリーズ。

刑務所で電気椅子の死刑が行われると家の中の電気が不安定になると共に揺れる。

 

エリーズは死刑になった死刑囚の名前を言い当てるだけでなく、犯行や最後の晩餐までも知っていた。

聴こえてくるというのだ。

 

 

エリーズは母におもちゃを片付けるよう言われるが、自分ではなく昔住んでいた男の子だと証言する。

母はエリーズのいう事信じていたが、父は違った。

エリーズが霊の話をする度にお仕置きが待っていた。

 

 

ある時エリーズが地下室に閉じ込められた時、忘れられない事件が発生する・・・。

 

 

 

 

 

 

現代

エリーズと助手の3人チームは、人助けをする為に依頼を受けるようになっていた。

そんな中、彼女の元に1本の電話が入る。

依頼主の場所を聞くと、ニューメキシコ州ファイブキーズ アップルツリー通り414番地だと言われ、メモを取っていたエリーズの手が止まる。

何故なら昔住んでいた家だったからだ。

 

悩んだ末、昔の事件に立ち向かう為に現地へを向かうのだった・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


★見所、ポイント、評価★

 

 

 点数で表すと10点中8.7

 

 

 

 

 

 

◉本作の特徴、魅力

 

「インシディアス」シリーズに登場してきた強烈な存在感を放つ霊媒師エリーズに焦点を当て、彼女が自らの過去に起きた出来事と対面し立ち向かう姿を描く。

シリーズの時系列的には「3→4→1→2」となっており、前作3でエリーズと2人のふざけた男達がチームを組んだ後のお話になっている。

しかし、この映画は時系列順に観るよりも「1→2→3→4」と順番通り観ていただきたい。

 

 

 

相変わらずパズルのピースを埋めていくかのようなストーリーは健在

ストーリーに重点を置き、現世とあの世を頻繁に行き来するという独特な世界観を持つちょっと変わったホラー映画で、よくある単純な悪魔払い系映画ではない。

とにかくストーリー構成が素晴らしい。

 

 

 

 

本作は霊的というよりもややクリーチャー寄りかもしれません。

※シリーズで一番クリーチャー寄り。

 

前作の3では死の恐怖に怯え自身のない弱気なエリーズだったが、死を覚悟で人助けをする事を決心しメンタル面が大幅に強化された。

そんな彼女だが、今回トラウマ的存在の自らの過去に迫るという大きな試練に立ち向かう事になるがやはり格好良い。

エリーズの生い立ちや家族関係など、ファンにとっては全てが見所です。

そしてエリーズは本作で更なる自信と安定感を身に付け1へと向かいます。

 

 

家族関係に関して胸熱なシーンや非常に切ないシーンもありホロっときます。

ふざけた2人組もついに活躍する時が!?・・・観てのお楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


★こんな方にオススメ★

 

 

 

◉リン・シェイと彼女が演じるエリーズを好きな方。

本作はリン・シェイとエリーズの事が更に好きになるような作品です。

ファンは絶対に観るべし。

 

 

 

◉「インシディアス」シリーズが好きな方。

本作も間違いないです。

個人的には「1>4>2>3」の順で面白かったです。

順位は付けましたが全作品好きです。

 

 

 

◉ホラー映画が好きな方。

まだ「インシディアス」シリーズを観ていない方は1から順番に観ることをオススメ致します。

※順番は「インシディアス(1)」→「インシディアス 第2章(2)」「インシディアス 序章(3)」→「インシディアス 最後の鍵(4)」となっています。序章は1ではなく3ですのでお間違いなく。

 

 

 

 

個人的に大好きなキャラクター、エリーズのストーリーですので非常に楽しめました。

オススメです!

ありがとうございました。

 

 

 

最後に、この映画を分かりやすく2秒で説明しろと言われたら以下の通り。

★【どこの家族も母が一番強し!な映画】★

 

 

 

 

 

 





Pocket

1 thought on “映画【インシディアス THE LAST KEY】ネタバレ無し&余談ありレビュー”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です