映画【IT “それ”が見えたら、終わり。】ネタバレ無し&余談ありレビュー
Pocket



 

 2018/2/21発売

「IT “それ”が見えたら、終わり。」

※日本では2017/11/3に上映開始。


予告編はこちら↓


 

 

 

 

 

 

 スティーヴン・キング原作の「IT」の映画版となります。

※1990年の映画「IT」の続編ではない。リメイクやリブート作品と言った方が正しい。

 

 

 

旧作「IT」 は子供時代と大人になってからの話を行き来し、ディスク表裏再生で合計約3時間となっているが、本作では約2時間になっており子供時代のみで語られる。

 

ちなみに続編も発表されているので、そちらにも期待したいところである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◉7人の子供達

ビル(リーダー格、愛称でビリーとも呼ばれる)、ベバリー(紅一点)、リッチー(ませ餓鬼)、ベン(ぽっちゃり)、スタンリー(ユダヤ系)、エディ(喘息)、マイク(黒人)の合計7人の子供。

元々何人かのグループだったが、転校生や、いじめられっ子が集まり7人になった。

彼らのグループをルーザーズクラブという。

 

 

 

 

 

 

 

 

ビル・スカルスガルド(ペニーワイズ役)

何故か子供達にしか見えない謎のピエロ。

人によっては恐怖の象徴である。(実際世の中にピエロ恐怖症の方々がいます)

 

 

 

 

怪しいメイクで素顔が見えないが、実は中身イケメンのビル

そんな彼の怪演は見物である。

 

 

未だに値崩れしない映画「シンプル・シモン」、シリーズ化している「ダイバージェント FINAL」、新作「アトミック・ブロンド」などにも出演する。

 

 

ちなみに本作の続編のペニーワイズも彼が演じるようなので楽しみですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

◉監督、原作

 

監督はアンディ・ムスキエティ

彼はホラー映画「MAMA」の監督でもあり、ホラー映画には強い訳ですね。

本作非常に怖くてかなり良かったと思います。

この先監督する映画も期待したいと思います。

 

 

 

原作はスティーヴン・キング

1990年代に「IT」が上映されている。

彼の原作を映画化するとだいたい長くなってしまう傾向がある。(彼の独特な世界観を表現する為には時間がかかる)

ちなみに、当ブログにレビューした映画「ダークタワー」の原作も彼である。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

★内容★

 

 

外は雨が降っていた。

ジョージは兄のビル(ビリー)に言われ、地下室からワックス(のり的な物)を取りに行く。

持ち帰ったワックスを使い紙船を作ってあげると、ジョージは喜びながら外へ遊びに行く。

 

 

紙船を水溜まりに浮かべ、進ませて遊ぶジョージ。

すると、勢い余った紙船は溝に落ちてしまう。

 

 

紙船を取る為溝を覗くと、中からピエロが顔を出す。

その後ジョージは行方不明になり、家に戻ることはなかった・・・。

 

 

 

 

 

 

町では行方不明事件が多発していた。

ビルとその仲間達は事件を追うことにするが、周りで謎の現象が起こるのだった・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


★見所、ポイント、評価★

 

 

 点数で表すと10点中8.5

 

 

 

 

 

 

◉旧作との違い。

 

冒頭に書いた通り、大人になった時の話は入っていない。

子供時代の時のみのお話である。

その為本作の方が分かりやすくなっているが、ストーリーのファンタジック度はその分減少していると言える。

 

 

私は本作発売の何日か前に旧作「IT」を観ているが、内容的にはストーリーや大まかな設定、流れはほとんど変わっていない。

全く同じというわけではなく多少何かしらが加わったり設定が変更されていたりするので、観ながら旧作との違いを探すのも楽しみの一つになると思います。

 

 

怖さで言えば圧倒的に本作の方が怖いです。

※旧作「IT」は当時観ていたらトラウマになるほど怖かったのかもしれないが、映画を見慣れている方が今見ると・・・。

 

 

 

 

 

 

 

◉本作の魅力、特徴

 

ピエロの格好をしたペニーワイズの存在。

ホラー映画の中でもペニーワイズはそこそこ大きな存在で、「IT」=ペニーワイズというぐらい印象に残るキャラクターである。

そんなキャラクターが旧作から何十年という時を超えて再びリメイク、リブート作品という形で現れ大幅にパワーアップして襲ってくるわけですから、それはもう魅力的ですよね!

 

 

旧作では最初から最後まで本当に謎の存在でしかなかったペニーワイズが、本作では化け物寄りになっていて個人的には良いと思った。

それに加え不思議な現象や脅かす演出が加わり本当に怖い・・・。

 

 

 

 

本作では、前作強かったドラマ的要素を大幅に減らし、その分ホラー要素を追加した感じで見やすくなっていると思います。

オススメです!

※ちょっと下品だったり、一部お子様には難しい表現がありますのでお子様の年齢によっては注意が必要かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


★こんな方にオススメ★

 

 

 

◉旧作「IT」を知っている方。

◉ホラー映画が好きな方。

◉スティーヴン・キングが好きな方。

◉ペニーワイズが好きな方。

上記当てはまる方や、旧作「IT」にちょっと不満がある方なども本作は楽しめると思います。

 

 

 

 

個人的には圧倒的に本作の方が好きです。

続編が楽しみなので期待して待ちたいと思います。

良いホラー映画でした。オススメします!

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

最後に、この映画を分かりやすく2秒で説明しろと言われたら以下の通り。

【旧作の不満点を改善して更に怖くなったホラー】映画★

 

 

 

 

 

 


IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 ブルーレイ&DVDセット(2枚組)(初回仕様)【Blu-ray】 [ ビル・スカルスガルド ]

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。<4K ULTRA HD&2D ブルーレイセット>(2枚組)(初回仕様)【4K ULTRA HD】 [ ビル・スカルスガルド ]

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 スチールブック仕様 <4K ULTRA HD&2D ブルーレイセット>(2,000セット限定/2枚組)(数量限定生産)【4K ULTRA HD】 [ ビル・スカルスガルド ]

イット【Blu-ray】 [ ハリー・アンダーソン ]

 


Pocket

2 thoughts on “映画【IT “それ”が見えたら、終わり。】ネタバレ無し&余談ありレビュー”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です