サメアクションゲーム【Maneater】レビュー
Pocket



 

 2020/5/22発売

「Maneater」北米版



 

 

皆さんこんにちは。

コロナの影響により新作映画延期祭りの為、今年はゲームに力を入れると決めたBILLY’Sです。

今回は5/22に発売したPS4ソフトの北米版「MANEATER」(マンイーター)をレビューしたいと思います。※現在日本版未発売

既にクリア済み&トロフィーコンプリート済みです。

※バグによりトロフィー2つゲットできず2周しました(涙)

 

 

 

 

私は発売の大分前に予約しており、元々日本語が無くともプレイする予定でしたが、なんと嬉しいことに本作の北米版は日本語化されており、ほぼ全て日本語字幕で表示されるので安心してプレイ出来ます

北米版なんて敷居が高いと思っている方、安心してください。

PS4の北米版ソフトは基本的に日本のPS4で普通にプレイ可能ですし、自分で海外から仕入れなくとも輸入ソフトを取り扱っている日本に業者や、日本のAMAZONでも簡単に手に入ります。

ただ、本作「Maneater」はSNSやらまとめサイトやらで話題になり人気急上昇で現在手に入り難いようです。しばらくすれば値段も落ち着くでしょう。

私は日本のAMAZON公式で予約していたので4712円で購入しましたが、現在AMAZONマーケットプレイス(非公式一般業者又は一般人)にて2〜3倍以上の値段が付けられています。

どうしてもという方は、AMAZON公式の在庫復活を待つか、パッケージ版ではなくDL購入も手かと。

 

 

 

もし購入するのであればAMAZONマーケットプレイスよりも、楽天がオススメですよ。

楽天の「QVO」というお店が輸入版を取り扱っているので、気になる方がそちらを検討された方が宜しいかと思います↓

PS4 Maneater 北米版[新品]5/22発売

PS4北米版

XboxONE Maneater 北米版[新品]5/22発売

XBOXONE北米版

 

 

 

 

 

 

◉【概要】


 

サメ視点で描く、海中だけでなく陸にも上がり容赦なくお馬鹿な人間をスナック感覚で食い散らかしながら成長して自身を強化しながら進むオープンワールド系アクションゲームです。

GTA(グランドセフトオート)シリーズのようなタイプのゲームと思って頂ければ宜しいかと。

ストーリーとしては、人間に捕まり殺された母親の仇を討つ為に力を付けて復讐するというお話。まぁあくまでこれは鮫視点のお話ですね。

 

 

 

序盤のプレイ動画(私のTwitterアカウントです↓)

 

 

 

 

 

◉【プレイしてみた感想】


 

プレイ時間約15時間〜20時間程度あればトロフィーコンプリート出来る程、想像よりもやり込み要素は低く、比較的あっさりとしたゲームだったかなという印象。(ストーリーメインで進めるなら半分以下の時間でクリア出来そう)

海の弱肉強食描写がリアルだったし、人間達がお馬鹿であまり逃げずに食べられてくれますし、水中ではワニやサメやクジラなどとも戦えたりと非常に面白かったと思います。クジラなどの大型生物を倒して食した時には海の支配者感を味わえますよ!

人間1体の栄養素がなかなか高く、だいたい密集しているので食べると美味しいです。あまり食べすぎるとハンターが追ってきますが、返り討ちにも出来ますし、厳しければ一旦逃げてやり過ごせばすぐにまた人間バイキング。最高です。

 

 

 

プレイヤーは小さいサメで始まり、魚を食べたりミッションをクリアしてレベルを上げていき、スキルや装備品で自身を強化しつつ成長を目指すのですが、最初はチビなのでアリゲーター(ワニ)や攻撃的な魚に襲われて辛い思いをします。

アリゲーターに捕まって何度デスロール(ワニの必殺技)食らったことか(^^;)

序盤は苦戦するが、後々成長して身体が大きくなれば立場逆転。虐められた時のリベンジでストレス解消です。

地域がいくつか分かれており、綺麗な海を移動しながら強化素材となる魚をつまみつつ挑むミッションも苦じゃなかったです。ミッション数は多いが難しいものは無いし、むしろ私はこれぐらいが楽で良いかなと思いましたね。

やり込み要素は無いが、サメになりきって海での弱肉強食の世界を楽しめたし、日本未発売の新作洋ゲーが日本語化されて4000円台というだけで満足です。

 

 

 

 

 

 

◉【不満点】


序盤は川のような浅瀬で行動するのですが、なかなか狭いのでワニに襲われるとカメラの関係で避けるのが大変です。

カメラが敵を注視(相手をロック)しないので、いちいちR3ボタン(敵にカメラを向けるボタン)を押して相手の方向に向いて攻撃しなくてはなりません。カメラをロックするような仕様であれば大分楽だったかなと思います・・・。

 

 

 

トロフィー取得に関わるバグあり

私の場合は、ミッションなどの先に全て100%終わらせてからクリアしましたが、クリア後に何故か進行度99%となり2つのトロフィーが取れませんでした。(1つ取れたら2つ目が自動的に取れてコンプリート)

私は2週目をプレイして残りの2つを取得しましたが、先にメインストーリーをクリアしてからクリア後の自由行動でミッションを終わらせると良いかも・・・。

「敵に襲われなくなるスキル」が手に入るクリア後に挑んだ方が楽です。

ちなみに取れなかったのは「全てのエリアを100%達成」のトロフィーですが、2周目で9時間でクリアしました。

今後のアップデートなどで修正期待したいところですね。

 

 

 

一番気になったのは、処理落ちやエラー落ちです

序盤は全く気にならなかったが、後半になると人間やハンターが多いせいか処理落ちするようになりました。挙句に処理落ちによるエラーで強制終了なども3〜4回ありました。

処理落ちはPS4を再起動しても直らなかったので仕様でしょう。

マップを見たり、クエスト確認する為にメニュー画面を開くにもちょっと時間がかかるので困りますね。ミニマップも欲しいところ。

 

 

 

レベルカンストが30

プレイヤーはレベルを上げて身体を大きく成長させる事で有利に進めるわけですが、MAXでレベル30(メガ級)までしか上がらず限界がある。道中敵を食べながらミッションをこなしていれば後半にはカンストしているので、そうなると無理して戦う必要がなくなりモチベが低下します。

レベル上限を上げるか無限にして欲しかったですね。

欲を言えば強化のバリエーションも増やして欲しかったし、もっと狂っていても良かったかなと思います。

 

 

 

謎の誤訳が多い

アザラシ→密閉(※アルビノアザラシは何故か誤訳なし)

観光客→韓国客

オルカ(シャチ)→オクラ

ヨット→世っと(※正しくヨットと表示される物もあるので謎)

 

その他、ゲームオーバー時に大きく「お魚フード」という謎の言葉が表示されたり、ストーリーでメイン敵キャラ親子の名前の表示が1文字間違ってたり、会話が急にタメ語になったり敬語になったりとおかしい。(息子が父におまえと言ったり)

他の不満点に比べると可愛いもので、個人的には特にマイナス要素ではない。

正直誤訳なんかよりも字幕が小さい事の方が気になりました

 

 

 

 

 

 

◉【最後に】


 

 

私の評価は【7.5/10点】

 

 

本作の魅力

・トロフィーコンプが簡単。(15時間〜20時間程度)

・北米版だが日本語字幕あり。

・哺乳類&魚類バイキングが楽しめる。

・海を制した気分になれる。

・コスパが良い(定価4000円台)

・サメ好きにはたまらない。

 

 

悪い点

・トロフィー取得に関わるバグあり。(今後のアップデートで修正あるかな?)

・カメラの仕様に難あり。

・処理落ち、エラー落ちに注意。

・やり込み要素は低い。

・誤訳が多い。(そんなに気にならない)

・字幕が小さい。

 

 

 

こんな感じのレビューとなりましたが、十分面白いのでオススメ致します!買いですよ!

本作は日本語字幕ありでしたが、日本語化されているかはそのゲーム次第なので、運任せで買うか誰かの情報を頼りたいところですね。(今年の新作では「ゾンビアーミー4」の北米版も日本語化されており、日版発売の2ヶ月前にプレイ出来ました)

今後の新作北米版にも注目していきたいと思います。

それではありがとうございました。

PS4 Maneater 北米版[新品]

XboxONE Maneater 北米版[新品]

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です