映画【サマー・オブ・84】ネタバレ無し&余談ありレビュー
Pocket



 

 2019/8/3上映開始

「サマー・オブ・84」


予告編はこちら↓


 

 

 

新宿にあるシネマカリテにて上映された作品で、順次色々な映画館で上映されています。

それでも上映箇所が極端に少なく、良作ホラーなのに残念。

※東京は新宿と吉祥寺の2箇所のみ。

 

 

 

 

新宿シネマカリテにはセットが置いてあるので写真を撮りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

双眼鏡も備え付けてあるので、窓のブラインドから双眼鏡を覗いた状態で誰かに写真撮って貰うとよろし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


★内容、見所、ポイント、評価★

 

 

点数【8.5/10点】

 

 

 

 

 

◉【本作の特徴・魅力】

少年達の“一夏の思い出”が青春混じりの悪夢になってしまったお話。

隣人が連続殺人鬼だと疑い捜査を開始する少年4人組。はたしてその隣人は本当に殺人鬼なのだろうか?そんな映画です。

スパイ行為中の張り詰める緊張感には終始ワクワクと同時にヒヤヒヤとスリルがあり、まるで童心に帰ったような気分で観てました。

レトロな旧作ホラーを彷彿させるBGMが印象的で、何とも言えない衝撃的な後味の最恐青春ホラー映画でした。

 

 

 

 

ませたエロガッパ供が青春を満喫する姿や光景は軽く「スタンド・バイ・ミー」感、更に少年達の好奇心とノリにより「グーニーズ」のようなワクワク&ハラハラ感、そして残忍な連続殺人鬼のホラー要素が上手い具合に配合された作品になっている。

ホラーのジャンルが違うが、何となく「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」に近いかなと思います。

霊的ではないので、ゴースト系or悪魔系などのホラー映画が苦手な方でも比較的安心して観ることが出来るでしょう。

※一応R15指定になっており、少々「エグい」シーンあり。

 

 

 

 

本作の仕様上、ネタバレ無しでこれ以上書けることが無い為この辺で・・・。

「スタンドバイミー」と「グーニーズ」と「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」を足して3で割ったような映画ですので、そんな映画が観たい方は是非。

この夏ピッタリの良作ホラー映画でした。

オススメ致します。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です